助六模様/夜桜小唄

すけろくもよう/よざくらこうた

相原ひろ子

あいはら・ひろこ

VZCG-10501 (12cmシングルCD) 1,143円+税

発売日: 2005年4月21日 / ジャンル: 舞踊歌謡舞踊曲

その他のバージョン
カセット  VZSG-10501  1,143円+税  発売日:2005年4月21日


▼曲目一覧

作品紹介

舞踊歌謡界で最も歌唱力があり、新舞踊、歌謡舞踊の先生方から新曲が待たれている唯一の歌手と言っても過言ではないのが、相原ひろ子です。彼女の作品としては初めての男踊りの曲に挑戦した作品。歌舞伎十八番の一つ「助六」を題材にした「助六模様」は、花川戸助六 実は曽我五郎が名刀友切丸詮議の為吉原に出入りし、愛人三浦屋の揚巻に横恋慕する髭の意休に喧嘩を仕掛け、ついに意休から刀を奪い返す物語が見事に作詞されている。

「夜桜小唄」は、現代の粋な調子で相原が舞踊界に贈る平成の小唄バージョン。市丸のヒット曲「祇園小唄」「船頭小唄」や数々の小唄ソングのイメージを一変して、現代風にアレンジして舞踊界でヒットさせる作品。

相原ひろ子(あいはら ひろこ) プロフィール
東京都出身。8歳より秋田民謡の角田正孝師に師事。10~20歳までキング三橋少年民謡隊で活動。その後ライブ廻りなどでポップス&スタンダード等を習得。16歳でNHK邦楽オーディション合格。25歳で日本郷土民謡協会全国大会個人の部で第2位。その後東芝EMIの専属民謡歌手としてレコードデビュー。民謡と並行して新舞踊のための舞踊歌謡も多数レコーディング。民謡は、伊勢音頭、佐渡おけさ、岡崎五万石等のお座敷ものを得意とする。2000年3月にビクターに移籍。端唄入り舞踊歌謡「辰己恋すがた」、「大慶(よろこび)の舞」、『越中おわら』をモチーフにした「おわら慕情」や、俗曲『奴さん』入りの「大川くずし」等、お座敷民謡と舞踊歌謡のレパートリーで活躍中。相原ひろ子の多彩な和の世界は舞踊愛好家から好評を得て、特に舞踊界での人気No.1との呼び声が高い。

収録曲

1

助六模様

すけろくもよう

作詞:宇山清太郎 / 作曲:蔦将包 / 編曲:蔦将包

相原ひろ子 望月太八 ビクター・オーケストラ

2

夜桜小唄

よざくらこうた

作詞:宇山清太郎 / 作曲:池多孝春 / 編曲:池多孝春

相原ひろ子 三味線本條秀太郎 ビクター・オーケストラ

3

助六模様(オリジナル・カラオケ)

すけろくもよう(おりじなる・からおけ)

作詞:(宇山清太郎) / 作曲:蔦将包 / 編曲:蔦将包

演奏ビクター・オーケストラ 望月太八

4

夜桜小唄(オリジナル・カラオケ)

よざくらこうた(おりじなる・からおけ)

作詞:(宇山清太郎) / 作曲:池多孝春 / 編曲:池多孝春

演奏ビクター・オーケストラ 三味線本條秀太郎

time:0.09 s