名古屋ストトコ節/十三の砂山

なごやすととこぶし/とさ・の・すなやま

市丸三浦隆子

いちまる/みうら・たかこ

VZSG-10615 (カセット) 1,143円+税

発売日: 2013年3月20日 / ジャンル: 新民謡民謡


▼曲目一覧

作品紹介

日本民踊・新舞踊協会の講習会を通じて全国普及を図ります。
楽しく踊っていただけるわかりやすい振付解説付き。

名古屋ストトコ節(愛知県)
小唄風な節まわしの唄に続けて名古屋方言をおもしろく唄い込み、早い調子で歌われる明快な曲。
振付:島田豊年 表現:可知豊親

十三の砂山(青森県民謡)
十三港は三厩、深浦、鰺ヶ沢と共に津軽の四浦と呼ばれた良港で、北前船の船頭衆の頭である弁財衆がたくさん集まった。その弁財衆が唄った船唄がルーツと言われている。ゆるやかなテンポの中に深い哀愁が漂う盆踊り唄。
振付:石川美豊香

収録曲

Side

A

1

名古屋ストトコ節

(03'22")

なごやすととこぶし

補作詞小野金次郎採譜・編曲小沢直与志

市丸 三味線静子豊藤 ビクター・オーケストラ

Side

B

1

十三の砂山

(04'05")

とさ・の・すなやま

青森県民謡

三浦隆子 三味線澤田勝秋澤田勝司 尺八矢下勇 太鼓美波駒三郎 美波那る駒

time:0.45 s