風に立つ 前田利家 /希望(ゆめ)明かり

かぜ・に・たつ まえだ・としいえ /ゆめあかり

鈴木正夫

すずき・まさお

VZCG-10543 (CD) 1,257円(本体 1,143円)

発売日: 2012年5月23日 / ジャンル: 舞踊歌謡

その他のバージョン
カセット VZSG-10602  1,257円(本体 1,143円)  発売日:2012年5月23日


▼曲目一覧

作品紹介

民謡界のスター、鈴木正夫の久々のシングルは、舞踊愛好家におススメしたい舞踊歌謡曲。
舞踊団「若竹」による解りやすい振付解説付きです。

「風に立つ-前田利家-」
豊臣秀吉の盟友で加賀百万石の祖となった前田利家は、もともと織田信長の小姓で、数え年15歳で仕官しました。前田利家は槍の名人として合戦では先頭にたって戦い多くの手柄をたて、どんな試練にも耐え抜き、命を懸けて織田信長を守りました。その忠義の道を描いた「風に立つ-前田利家-」を、民謡界を牽引する鈴木正夫が歌います。舞踊団「若竹」による力強く堂々とした振付が、舞台を華やかに彩ります。

「希望(ゆめ)明かり」
昨年の東日本大震災を受け、復興への思いと祈りを込めた作品です。大きな被害を受けた地域に、春になって可憐な黄色い花が咲いたのを見て、その姿に希望や夢を感じ、その想いを歌詞に託した1曲です。震災を経験した仙台市在住の作詞家・堀あかねさんによる歌詞と、福島県相馬郡在住の鈴木正夫の歌、明日に向かって強く生き抜く思いを表現した振付とがひとつになって、心にしみる作品となりました。

鈴木正夫プロフィール
昭和12年、民謡の父と言われた初代鈴木正夫の長男として福島県相馬市に生まれる。高校卒業後上京し古賀政男に師事。芸名『会津浩太郎』で昭和35年歌謡曲歌手としてビクターレコードよりデビュー。昭和36年初代亡き後二代目を継承し、相馬民謡を始め全国の民謡を唄い、レコード歌手として全国で活躍。現在は民謡界をリードする第一人者として活躍し、平成16年 財団法人日本民謡協会から『技能賞』を受章。初代譲りの技法は格調高く、一方「涙のお立ち酒」の大ヒットにより、民謡演歌の分野でも定評がある。昭和53年から再び生まれ故郷相馬に住まいを移し、正調民謡に真っ向から取り組み、大民謡歌手の地位を固めている。また、全国各地から依頼の地元の『音頭』も数多くレコーディングしている。 「愛ちゃんはお嫁に」の鈴木三重子は実姉。平成17年5月には、デビュー45周年記念アルバム「鈴木正夫の世界」を発売。平成22年、デビュー50周年を迎えた。

収録曲

1

風に立つ 前田利家

(04'44")

かぜ・に・たつ まえだ・としいえ

作詞:岩田道之輔 / 作曲:新倉武 / 編曲:丸山雅仁

鈴木正夫

2

希望明かり

(04'44")

ゆめあかり

作詞:堀あかね / 作曲:新倉武 / 編曲:丸山雅仁

鈴木正夫

3

風に立つ 前田利家

(04'44")

かぜ・に・たつ まえだ・としいえ

(オリジナル・カラオケ)

作詞:(岩田道之輔) / 作曲:新倉武 / 編曲:丸山雅仁

ビクター・オーケストラ

4

希望明かり

(04'46")

ゆめあかり

(オリジナル・カラオケ)

作詞:(堀あかね) / 作曲:新倉武 / 編曲:丸山雅仁

ビクター・オーケストラ

time:1.2 s