ビクター落語 八代目 春風亭柳枝(2) 野ざらし/大山詣り/搗屋無間/二人癖

びくたー・らくご・はちだいめ・しゅんぷうてい・りゅうし・2 のざらし/おおやま・まいり/つきや・むげん/ににんぐせ

八代目 春風亭柳枝

はちだいめ・しゅんぷうてい・りゅうし

VZCG-704 (CD) 1,500円+税

発売日: 2009年3月25日 / ジャンル: 落語


▼曲目一覧

作品紹介

物腰が柔らかく、丁寧で明るい芸。
「野ざらし」、「大山詣り」、「二人癖」は初商品化です。
監修・解説:保田武宏/リマスター:草柳俊一/モノラル録音

本作品のジャケット不良による回収と交換のお知らせ

芸人の家に生まれたので、小学校時代から落語が得意。雨で体操が休みのときなど、「エエ、一席お古いところで・・・」とやっていた。高等小学校を卒業するとすぐ、落語家になった。1920(大正9)年、14歳のときである。戦後は寄席とラジオで大活躍。寄席では噺の後で必ず踊りを披露するサービスをした。ニッポン放送で、1959(昭和34)年9月23日、「お血脈」の収録中に脳出血で倒れた。日比谷病院に運ばれたが回復せず、10月8日に亡くなった。まだ53歳だった。

保田武宏(解説)より

春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)

1905年(明治38年)生、1959年(昭和34年)没。
東京生まれ。出囃子「三下がりカッコ」
音曲師柳家枝太郎の子として生まれる。1920年(大正8年)四代目春風亭柳枝(のちの春風亭華柳)。1921年(大正14年)、春風亭柏枝となり真打ちに昇進する。柳亭芝楽に改名したのち、1943年(昭和18年)、春風亭柳枝を襲名。

収録曲

1

野ざらし

のざらし

[録音] 1957年(昭和32年)3月8日放送 ラジオ京都・他

2

大山詣り

おおやままいり

[録音] 1958年(昭和33年)7月11日放送 ラジオ京都・他

3

搗屋無間

つきや・むげん

[録音] 1959年(昭和34年)2月6日放送 ラジオ京都・他

4

二人癖

ににんぐせ

[録音] 1958年(昭和33年)10月31日放送 ラジオ京都・他

time:0.41 s