第十七回日本伝統文化振興財団賞 豊竹呂勢大夫(人形浄瑠璃文楽 太夫)
[日本伝統文化振興財団賞受賞制作DVD]

だいじゅうしちかい・にほんでんとうぶんかしんこうざいだんしょう とよたけ・ろせたゆう(にんぎょうじょうるりぶんらく たゆう)

豊竹呂勢大夫鶴澤清治

とよたけ・ろせたゆう/つるさわ・せいじ

VZBG-46 (DVD) 3,333円+税

発売日: 2013年11月20日 / ジャンル: 義太夫

その他のバージョン
CD  VZCG-781  2,857円+税  発売日:2013年11月20日


▼曲目一覧

作品紹介

伝統芸能分野で将来の活躍が期待されるアーティストを顕彰する「日本伝統文化振興財団賞」、平成25年度の受賞者を紹介するDVD。

「日本伝統文化振興財団賞」は、わが国の伝統芸能の保存・振興・普及に努めることを目的とする当財団の顕彰事業の一環として平成8年に設立されました。伝統芸能分野で将来いっそうの活躍が期待される優秀なアーティストを毎年1名顕彰しています。副賞として次代を担う受賞者の優れた技芸をDVDに収録し、映像によって広く全国に紹介いたします。

第17回(平成25 年度)の受賞者、豊竹呂勢大夫(人形浄瑠璃文楽太夫)は、語り口の爽やかな美声と豊かな声量が、明快にして新鮮な芸風を生み出し大きな魅力となっています。本格の時代物をこなす力量をもつ一方、新作物にも力を発揮して芸域を広げるなど、次代の文楽を担う太夫として大きな期待が寄せられています。

DVD収録曲は「卅三間堂棟由来」。三味線の人間国宝、鶴澤清治の共演を得て、義太夫節の名曲を素浄瑠璃で新たに収録しました。

[ブックレット]
・ 「豊竹呂勢大夫讃」/田中英機(日本伝統文化振興財団賞選考委員)
・ 曲目解説/桜井弘(国立文楽劇場)
・全詞章掲載

※財団賞受賞者紹介はこちら

公演レポート:
第十七回日本伝統文化振興財団賞・第二回中島勝祐創作賞贈呈式 受賞記念演奏会

CD同時発売!
平成二十五年度(第六十八回)文化庁芸術祭参加作品 卅三間堂棟由来
VZCG-781

豊竹呂勢大夫(とよたけ ろせたゆう)
人形浄瑠璃文楽太夫。1965年生まれ。
1979年から四代鶴澤重造に師事、義太夫の手ほどきを受ける。1982年11月、国立劇場文楽第八期研修生に編入。1984年、五代竹本南部大夫に入門、竹本南寿大夫と名のる。同年七月、国立文楽劇場で初舞台。1985年、五代豊竹呂大夫の門下となり、1988年、豊竹呂勢大夫と改名。2000年、八代豊竹嶋大夫の門下となる。
2013年、第十七回日本伝統文化振興財団賞受賞。そのほか、文楽協会賞、因協会奨励賞、国立劇場文楽賞文楽奨励賞、同優秀賞、十三夜会賞年間大賞、咲くやこの花賞、大阪舞台芸術賞奨励賞など受賞多数。

鶴澤清治(つるさわ せいじ)
人形浄瑠璃文楽三味線奏者。1945年生まれ。
1953年、四代鶴澤清六に入門、八歳で初舞台。1964年、十代竹澤弥七に入門。1976年から十三年間、人間国宝・四代竹本越路大夫の三味線を務める。
1972年芸術選奨新人賞、1999年モービル音楽賞(邦楽部門)、2004年日本芸術院賞恩賜賞を受賞。 2006年紫綬褒章受章。2007年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。

収録情報

2013年7月3日紀尾井小ホール

収録時間:39分/片面・一層/STEREO/COLOR/16:9/LB/リージョン・ALL/NTSC/MPEG 2/リニアPCM/オリジナル(日本語)/レンタル禁止

ご注意

このDVDのビデオフォーマットは日本、北米、カナダなどのNTSCビデオプレイヤー対応となります。ヨーロッパ、南米、中国のビデオプレイヤーはPAL 方式となりご覧頂けませんが、機種によってはNTSC方式でも視聴できます。パソコン内蔵のビデオプレイヤーならばすべて視聴可能です。リージョンコードはFREE(全世界対応版)です。

収録内容

1

卅三間堂棟由来
平太郎住家より木遣り音頭の段

(38'34")

さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい
へいたろうすみかよりきやりおんどのだん

若竹笛躬中邑阿契

浄瑠璃豊竹呂勢大夫 三味線鶴澤清治

time:0.08 s